読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

視点

 

「大将! 侵略者です!」門番がいつものように報告に来た。

「またがあ」

「大将、早く来て下さい!」

「お前たちだけでなんとかならんのがあ」

「今回の侵略者はいつもよりも手ごわそうです! 我々では手に負えないと思います! 大将、どうか助けを!」

「仕方ない。わがった。すぐ向がう」

 

――この島には、山ほどの財宝がある。この財宝は、大昔、先祖が島の外に冒険に行き、外の国から持って帰ってきたものだと伝えられている。

 だが、それ以来、後を絶えずに国の外からその財宝を奪いに侵略者がやってくるようになった。しかし、歴代の大将によってその財宝は代々守られてきた――

 

 門番の家来はいつも弱気だ。だが、その分報告はいつも早い。まだ、侵略者は上陸していないだろう。

 俺は、重たい腰をゆっくりと上げ、椅子から立ち上がった。家内に、行ってくる、と伝えて城を出た。

 

 城の外は、いつもと変わらない平和な風景が広がっていた。爺爺や婆婆が畑を耕していた。その傍らでは、子ども達が笑い声をあげながら追いかけ回って遊んでいた。子どもの母達も立ち話を楽しんでいた。

 

「あら、また侵略者なんだってねー」畑の横の道を通ると婆婆が汗を拭いながら声をかけてきた。

「ああ。そうなんだ。ちょっくら追い払ってくらあ」

「いつも大変ねー。よろしく頼みますよ。大将」

 ああ、と返事をし、俺は家来達がいる訓練場に向かった。

 

 訓練場に着くと、家来たちはちょうど休憩をしているようだった。

「おい、また侵略者だ。いぐぞ」俺は言った。

「またですかー。あーめんどぐせー」

「つべこべ言わず行ぐぞ。今回は手ごわいらしい」

「いつもと同じじゃないでずか。門番は臆病なんでずよ。まあ仕方ねえ。行くぞおまえら!」

 オスッ、と他の家来たちは返事をした。俺は家来達を引き連れて島の入り口に向かうため走りだした。

 

 島の入り口付近まで来きたところで、ドン、ドン、ドン、ドンという門を叩く鈍い音が聞こえてきた。

 もう少し門に近づくと、その門を一所懸命に押さえている家来達の姿が見えた。

 

 ふと門の上の方に何かが見えた。

 

 鳥だ。

 

 その鳥は、門を抑えている門番達の方へ急降下した。

 そして彼らの目をその鋭いくちばしでつつきまわした。

「ぐわぁ」

 あっという間に、鳥は門番全員の目をつつきまわし、門番達は目から血を流し、倒れ込んでしまった。いつもとは様子が違かった。いくら門番とはいえ、こんなにすぐやられてしまうことなんて今までになかった。

 

 そうしている間に、門の上の方にまた何かが見えた。

 今度は猿だった。

 

 猿は、門の上から飛び降りた。

 そして倒れている家来を横に、内側から門を開けられてしまった。

 

 俺たちは、ようやく門に辿りついた。

 そこには、鳥と猿のほかに、犬と人間がいた。

 

「なんの用だあ。悪いことは言わぬ。帰れ」俺は奴らに向かって言った。

「桃太郎さんが、お前たちを成敗においでになったのだぞ」と犬がそう言うと、奴らは、わあッ、と声をあげ、俺たちに向かって走り出した。

「仕方ない。奴らを島の外へ追い返せえ!」俺が家来達に向かってそう言うと、おおッ、と家来達は声をあげ、奴らに立ち向かった。

 奴らは4人だ。すぐに追い返せるだろう、俺はそう思った。

 

 しかし事はそう上手くは運ばなかった。

 鳥の動きが早く、家来達は、鳥を目がけ金棒を振り回すが全くあたらなかった。

 鳥は金棒を上手く避け、そして家来達のスキを突き、目を潰した。

 そうしている間に、半分以上の家来は、鳥に目を潰され倒れてしまった。

 倒れた家来達に追い打ちをかけるように、犬は鋭い歯をもって噛みつき、猿は鋭い爪をもって切り裂いた。

 

 人間は、他の家来など見向きもせず俺の方に向かってきた。

「お前が大将だな」

「ああそうだ。なぜこの島に来た」俺は答えた。

「お前を成敗してやるためだ」

「俺たちが何をしたというんだ。帰れ」

 俺が人間に意識を集中させていると右足に激痛が走った。死角から犬に噛みつかれたようだ。

 俺が膝まづくと、そのスキを突くかの如く、俺が持っていた金棒を猿に奪われてしまった。

 人間は、俺が金棒を手放したと思うと一気に懐に突進してきた。

 人間の肩が勢いよく、俺の腹に入った。

「うっ」

 俺はその勢いで後ろに突き飛ばされてしまった。

 体制を立て直し、俺も人間に突進した。

 人間は思ったより力が強かった。取っ組み合いになり、押し合った。

 今までの侵略者とは異次元の力の強さだった。

 俺は押し負け、後ろに倒されてしまった。

 人間は俺の上に馬乗りになり、俺の首を絞めつけた。

 振り解こうとするが、力が強すぎる。

 意識が朦朧としながらも、辺りが見えた。

 もう、他の家来も戦える者はいないようだった。

 こいつらは強すぎる。

 これ以上、島の中には入らせるわけにはいかない、俺はそう思った。

「どうだこれでも降参しないか」人間がそう言うと、首を絞める力はさらに強くなった。

 もうこれ以上こいつらに対抗するのは無理だ。

「降参だあ。だが、皆の命だけは助けて欲しい。その代り、島の宝は一つ残らずやる。それで許してくれ」

 人間は俺の提案に乗ったようだ。

 そこにはもう俺以外に動けるものはいなかった。

 俺は城まで戻り、今まで歴代の大将に守られてきた財宝を運んできた。

 人間たちは満足した様子で、その宝を持って、船で帰っていった。

 

参考:桃太郎

 http://www.aozora.gr.jp/cards/000329/files/18376_12100.html