読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永田さん①

「今帰ったよー」隆弘はそう言って実家に入った。 母親の声は聞こえるが、返事がない。 「ああーそうですかー。ありがとうございますー。これで私の老後も安心ですねー」母親の笑い声が聞こえた。誰かと電話しているようだ。 隆弘は、居間に座って扇風機の前…

視点

「大将! 侵略者です!」門番がいつものように報告に来た。 「またがあ」 「大将、早く来て下さい!」 「お前たちだけでなんとかならんのがあ」 「今回の侵略者はいつもよりも手ごわそうです! 我々では手に負えないと思います! 大将、どうか助けを!」 「…

吾輩は魔法使いである

吾輩は魔法使いである。 普段はしがないサラリーマンをやっている。 周りの者は、私が魔法使いであると薄々気が付いているのかもしれないのだが、なんとなく恐れているのだろうか、私に魔法使いなのかと聞いてきた者はいない。 私は、先週でこの会社に入って…